大学を卒業して社畜1年目の心境の変化!もう会社行きたくないっす

大学を卒業して社畜1年目の心境の変化!もう会社行きたくないっす

大学に入ってアルバイトをする。アルバイトから学べることは社畜になることのしんどさ。社会の理不尽な出来事をしるいいきっかけになる。

 

 

 

新卒で入った会社で有る意味9割近くの人の人生が決まると言っても過言ではない。

 

 

ただ重要なことは残りの1割の人間に入れるかどうかなんですよね。

 

 

 

その一方で異次元的な生活をしている人がいて、それがいいのか悪いかは人それぞれやけど。

 

 

そういえば、今日は七夕なんですね。
皆さんは何をお願いしますか?

 

短冊なんて、いつぶりに書くだろう(笑)
何年かぶりに折り紙で笹の葉と茎を作って、短冊をぶらさげようと思います。
昔はうちにも立派な笹があったような気がするのですが…。はて、どこに行ったのやら?

 

そうそう、短冊の色にも意味があるらしいですね!
…どの色がどういった意味があるのか忘れましたが(笑)
確か5色くらい、あったんですよね?
意味といっても占いとかでいう「健康運」とか「金運」とかじゃなくて、「こういうイメージでこういう色を使っている」とか、そんな感じの意味だったと思います。…いや、間違っているかもしれませんよ!?(笑)

 

どこかで見聞きしたような…。
むう…思い出せませんね!

 

神社に参拝したときは「〜ますように」ではなく、「〜する!」「〜できるようになる!」と誓いの言葉を立てるらしいです。
よく、「〜ますように」って心の中で言っちゃいますけど(笑)
「〜になるように努力するのでチカラを貸してくださいね!」という意味で、そういった言い回しをするそうです。へぇ〜!
これは神社マニアの知人から聞いたことなんですけど。

 

だからよく「神頼み」とか言うけど、それは違うんですって…。

 

短冊こそ、「神頼み」ってことですね!だって大抵、「〜ますように」って書くから(笑)
でもどうなんでしょう? おり姫と彦星がただ会うだけなのに、しかも神話上では忙しい2人に、お願い事とかしてもいいんでしょうか?(笑)

 

不思議な伝統です、七夕。どうして「七つの夕方」と書いて「たなばた」と読むのかも気になってきました!
…後で調べておこうっと。